前へ
次へ

市販薬でも受けられる医療費控除

受診をしたいと考えているクリニックが休診になってしまった場合、市販薬で対応をするという方法を考える人も多いです。
確かにそのほうが医療費を安く抑えることができます。
いつも受診をしていた医療機関であれば、他の医療機関を受診することを考えてしまうということもあるでしょう。
市販薬でも種類によっては医療費控除を受けることができます。
指定されている医薬品ということになるので、厚生労働省のウェブサイトをチェックしてみるよいでしょう。
一定の金額以上にならなければ控除対象にはなりませんが、1年間で購入をした医薬品で控除対象になっているものを合算するとかなりの高額になっている、ということもあります。
最近では医薬品を購入した際に控除対象になっているのかどうか、レシートに記載されていることもあるので、自分で調べなくても分かるようになっているので、とても便利です。
まずはどういう市販薬であれば控除対象になるのか知っておくとよいでしょう。

Page Top