前へ
次へ

脳卒中を防ぐには医療機関で脳ドック検査を受ける

日本人の三大疾病と呼ばれる病気の一つに脳卒中があります。
脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血のことで脳の血管が詰まったり破れたりすることで起こります。
死に直結する病気であり助かっても、手足の麻痺や言語障害が残ったりと後遺症が残ることがあります。
脳卒中にならないためには生活習慣を改善して、暴飲暴食を慎み禁煙したりストレスを溜めないなどが大事です。
また脳卒中の兆候があれば早期発見して発病を予防するのにとして脳ドックで検査を受ける方法があります。
脳ドックでは頭部MRI検査や頸動脈エコー検査や血液検査を行うことで、隠れている脳梗塞や動脈硬化や脳動脈瘤などを発見することができます。
そして早期発見することで、深刻な状態になる前に手をうつこができるのです。
脳卒中になってしまうと本人だけでなく家族も介護に追われて、かなりの負担になってしまいます。
そのための脳ドックで検査しておくことをおすすめします。
脳ドック検査は全国の医療機関で受けることができます。
インターネットでも脳ドック検査ができる医療機関で予約することができます。

Page Top