前へ
次へ

医療機関や規模による違いについて

病気や怪我で医療機関に行こうと考えた時には、どこを選んだら良いのかで頭を悩ませるのではないでしょうか。
まず考えなくてはならないのが、大きな病院に行く必要があるのかという点です。
大きな病院となれば、高度な医療器具があったり各専門医なので安心することができますが、その分待ち時間も長かったりいきなり足を運ぶと料金も高額になりがちです。
大きな病院に行っても重篤でないという診断を受けることもあり、その場合には納得して地域の小さな規模の病院に行くことも必要になってきます。
まずは診療所に行ってみてどの程度かを判断してもらうというのも一つの手段です。
紹介状を書いてもらわずに、いきなり大きな病院に行ってしまうと初診料のプラス料金を支払わなくてはならなくなり、金銭面の負担も大きくなってしまいます。
よほど体調が優れないという場合以外は、小さな規模の病院や診療所に行ってから決めるようにすると、スムーズな診察にもつながります。

Page Top